組織内の情報共有を促進

女性

情報共有を支援するソフト

企業内ではコンピュータネットワークがはられていますが、これを活用したシステムはいろいろ存在しますが、情報共有に目的をおいたものがグループウェアです。グループウェアはサブシステムとも呼べる機能を、一つにまとめたものですが、基本的な部分はどの製品も同じになっています。これらの機能を組み合わせて利用することにより、企業内の情報共有を促進し、ビジネスのやり方まで変える力を持つソフトと言えるのです。実際に搭載されている機能としては、まず電子メール機能になりますが、これはグループウェアの代表的な機能と言えます。この電子メール機能をベースにして、スケジュール管理と会議室予約システムを連携させている、グループウェアが多くあります。企業の業務の中で、スケジュール調整は工数のかかる業務ですが、グループウェアの導入でその工数を削減できるのです。また電子メールのメールボックスのサイズ問題を解決する方法として、グループウェアではファイル共有システムを備えているものがあります。これは保存先をメールに記載するだけで、メール添付と同じことになるという他に、添付したら自動的に保存先のリンクをメールにのせるということも可能です。最後にこれもたいていのグループウェアで搭載されていますが、社内掲示板や社内専用ホームページを設けることで、情報共有を簡単にできるようになっています。このように企業の組織内情報共有を促進する目的で、グループウェアが存在しており、多くの製品の中から自社にあったものを、選択するのが重要なのです。