ネットに繋がる環境で面接

男性

対面式と同様の効果

企業によっては、海外の支社とテレビ会議を行う事もあり、インターネットの発展に伴い簡単にどこにいても顔を見ながら会議が出来る様になりました。そこでテレビ会議の容量で、企業へ応募した人との面接をオンラインで行う企業も増えてきました。実際に顔を見ながら面接が出来る点と、時には必要な書類をデータでタイムリーに共有が出来るメリットがあります。ネット環境が良ければ、お互いの顔を鮮明に見る事ができ、声もタイムリーに聞き取る事が出来ます。このオンライン面接は最初の面接に取り入れる企業が多く、30分程度のお互いを知るための面接であればオンライン面接で十分と考える企業が増えてきました。人材の獲得が難しいと叫ばれている現代において、オンライン面接を導入する事ですぐにでも面接が出来るメリットがあり、お互いいる場所が関係なく面接が出来る点にあります。そして、外資系企業の場合最終面接で海外の面接官との面接を設定する事もありますが、その際にもテレビ電話であればわざわざ面接のために、どちらかの場所へ行く交通費も必要ありません。オンライン面接はシステムとして販売されている事が多く、企業全体で導入を検討する事も出来ますし、人事部等普段面接に関わる事が多い人のみ導入しても良いでしょう。今度、さらにデジタル化が進む社会において、面接のスタイルも既存のスタイルにとらわれる事なく新たなテクノロジーを導入してみてはいかがでしょうか。